写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

予定が狂った・・・

10月30・31日に開催される予定だった、小田急のイベント、小田急ファミリー鉄道展2010。場所は海老名で、田舎なら近いし、ついでに行ってしまおう、と思っていたが、台風接近。そして案の定、イベントは中止(まあ、屋外イベントだから、当然と言えば当然か)・・・・・暇に成ってしまった・・・・・本来ならこのページは、そのイベントネタで埋まる筈だったが、結局ネタが無くなってしまった・・・・・

でも只では転ばない。思いっきり休んで、崩した体調を直さなくては・・・この2日間、寝てばかりいたので、流石に大分(だいぶ)(「おおいた」じゃないよー)回復した。後少しかな?


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道イベントへだった・・・
にほんブログ村

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2010/10/31(日) 21:29:23|
  2. その他、公開日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中央新幹線L0系。

先日、ようやく通過ルートが(ほぼ)確定したリニア中央新幹線。17年後の完成を目指し、いよいよ、営業路線の建設が始まろうとしているが、今回、その営業運転仕様の試作車両の製作が発表された。その名も、L0系。 [中央新幹線L0系。]の続きを読む

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/10/29(金) 23:04:16|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E5系はやぶさ・E6系こまち初の鼻チュー。

JR東北、秋田両新幹線の各新型車両、E5系とE6系を連結させた走行試験が26日深夜、仙台―北上駅間で行われた。両車両の連結走行は、営業路線では初めて。
E5系は「はやて」の後継「はやぶさ」として、2011年3月に運行開始。東京―新青森間を3時間5分で結ぶ。E6系は「こまち」の後継で、13年春に導入予定だ。


おお、遂に初鼻チューか!
試験車両のファステック360でやっていたのが、遂に営業用の量産車で実現。この時は、どちらも、緑と白のツートンカラー同士で、カナーリ地味だったが、東北新幹線御馴染みの、異色連結完成で、何とも言えぬ魅力を感じた。やっぱ、新幹線同士の連結は、こうでなくっちゃね!


にほんブログ村 鉄道ブログ 新幹線へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/10/27(水) 21:06:43|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「みずほ」は正式決定。

来年3月12日の九州新幹線全線開通に伴い、新大阪-鹿児島中央を直結する予定の最速列車の名称について、JR西日本と九州は20日午後、「みずほ」にすると正式発表した。
JR九州と西日本は20日、来年3月12日の九州新幹線全線開業に伴い、新大阪-鹿児島中央間を3時間45分で結ぶ最速列車「みずほ」を朝夕計4往復運行する、と正式に発表した。JRは、ビジネス需要に適した時間帯にみずほを運行することで、航空機との競争を有利に運びたい考えだ。
相互直通するのはN700系をベースにした新型車両。新大阪-鹿児島中央を約4時間で結ぶ「さくら」と、同じ車両で停車駅を減らして所要時間を短くする「みずほ」の2本体制にする。「みずほ」は、現在の山陽新幹線のぞみ」の停車駅の新大阪、新神戸、岡山、広島、小倉、博多に加え、九州新幹線の熊本、鹿児島中央に停車する。新大阪-鹿児島中央間で現在より77分短縮。新大阪-熊本間は1時間近く短縮され、2時間59分で結ぶ。
JR九州が発表した全線開業後のダイヤは、
・新大阪-鹿児島中央を直通運転する「みずほ」・「さくら」が1時間に1本程度。
・九州内では博多-鹿児島中央間と博多-熊本間を、
・東海道・山陽新幹線の「ひかり」に当たる「さくら」、
・「こだま」に当たる各駅停車の「つばめ」が走る。
博多-鹿児島中央は1時間1本、博多-熊本は1時間2本程度に成る見込みらしい。
九州内での「さくら」の停車駅について唐池社長は「みずほよりは多くの駅にとまることになるだろう」と述べ、博多-熊本間は「つばめ」と成る見通しという。
直通列車は新大阪―鹿児島中央を1時間に1本程度運行。この内最速の「みずほ」は朝夕時間帯の4往復、他の時間帯は「さくら」が運行する。停車駅が多い「さくら」は、山陽・九州新幹線直通の他、九州内発着の区間列車としても運行するようだ。
要するに、このダイヤから解る事は、在来線の普通列車(JRの中央快速と私鉄の京成)に例えると、
「さくら」は只の「特急」、(JRなら中央快速の中央特快)
「みずほ」は「通勤特急」(JRなら中央快速の通勤特快)の様な列車と言う事の様だ。

検討を続けている開業後の料金については「まだ調整にとまどっている」(唐池社長)として、国土交通省への申請が11月以降にずれ込む可能性も示唆した。


にほんブログ村 鉄道ブログ 新幹線へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/10/22(金) 22:16:43|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中央線から201系が引退。

昨日10/17日、中央(快速)線から201系が引退した。今朝の新聞にもそのニュースが載っていた。新聞やテレビで通勤形電車の引退のニュースを報道するのは珍しい。
103系と201系
中央(快速)線の201系と回送のスカイブルーの103系。2001年頃?の新宿駅で撮影。
201系自体は、関東ならまだ京葉線で見られるかも知れない。だが、大阪に行けば、環状線や関西線でバリバリの現役である。
この201系は、全身単色塗りの車両で、当時は当たり前だったが、今では大変に珍しい。当時は路線毎にカラフルな単色塗りの「箱」が走り回っていた。それが現在では、全て銀色の「箱」。識別の為のラインカラーの帯こそ巻いているが、車体は全て無塗装で同じ色。

E231-500系
山手線のE231系。
全身単色塗りの車両達は同じ車両でも一目で違うと解るが、今は違う車両でも同じに見えるのかな? [中央線から201系が引退。]の続きを読む

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/10/18(月) 21:48:12|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新幹線「みずほ」にブーイングの嵐。

来年3月12日の九州新幹線全線開通に伴い、新大阪-鹿児島中央を直結する予定の最速列車「みずほ」(仮称)のネーミングに関し、異論が相次いでいる。嘗て東京と熊本等を結んだ寝台特急(ブルートレイン)と同名と成る事から、鹿児島県知事は「事前に相談があったら否定していた」と不快感を示し、鉄道ファンからも「最速列車の『格』にふさわしくない」との声が上がる。そうした声に配慮してか、JR側も「強い反対があった場合はよく相談しないといけない」と含みを持たせる。年内には正式決定する最速列車の名称の行方は--。
山陽新幹線と相互直通するのは、N700系をベースにした新型車両。名称は08年秋にJR西日本と九州が公募し、09年2月に最も応募数が多かった「さくら」に決定。その後JRは、同じ車両を使いながら、「さくら」よりも停車駅を減らして所要時間を短くする最速列車として「みずほ」を検討している事を明かした。
2010年8月24日に、新聞等でいきなり発表された、九州・山陽直通新幹線第二段「みずほ」。停車駅の多い「さくら」に代わり速達タイプとして設定される予定の列車。事前に何の情報も無く、突然発表され、「みずほ」ショック、等と鉄道ファンを驚かせた大ニュースだ・・・った。
当然の如く、ファン等からはブーイングが殺到した!
「二軍クラスの列車が何故最優等列車なんだ!」
「こんな地味な奴が天下の「つばめ」より格上なんて・・・」
「この「のぞみ」クラスの列車にこそ「はやぶさ」がふさわしい」
「わざわざ名前を別にする必要など無い」
「ダサい・・・「みずほ」は各駅停車だろう・・・」等々・・・鉄道ファンからも異論の声が。
「さくら」は1929年、日本で初めて愛称が付いた特急「櫻(さくら)」に使用されたほか、戦後は東京-長崎間を結び、05年3月に廃止になった寝台特急にも使われた。一方、「みずほ」は東京から熊本や長崎などに向かった寝台特急で、「さくら」より後の61年に運行し94年に廃止された、いわば脇役的な列車。鉄道評論家の川島令三さん(60)は「列車の格は歴史の古さや役割などで決まる」と言い、「『さくら』の方が歴史が古く、『みずほ』より格上。それなのに、さくらより速い列車がみずほというのは違和感がある。多くの鉄道ファンも同じように感じているはず」と話す。
しかし、気に入らないのはファンだけでは無いようだ・・・・・
「みずほ」の名称について、鹿児島県の伊藤祐一郎知事は9月の会見で、「熊本止まりだった寝台列車と同じ名前は違和感がある。公募までして決めたのだから『さくら』でいい」などと発言。「地元自治体にJR側から相談がなかった」と不快感も示した。
まあ正直、この手の連中の意見などどうでも良いのだガネ・・・
若い頃、寝台特急みずほを運転した経験が有るというJR西の佐々木隆之社長は「賛否両論出るのはよくある話。強い反対があった場合はよく相談しないといけないが、これまで原則『みずほ』で来ているので……」。JR九州の唐池恒二社長は「まだ調整中で、決定していない」と話している。
あ、決定じゃないんだー。じゃ、まだ変わる可能性が有る・・・って訳?


にほんブログ村 鉄道ブログ 新幹線へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/10/16(土) 20:12:56|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リニアルート「直線」で決着。

JR東海が開業を目指すリニア中央新幹線のルート選定を巡り、国土交通相の諮問機関の交通政策審議会中央新幹線小委員会は13日、候補と成っている3ルートの利便性や経済効果等に関する調査結果を来週にも公表する方針を決めた。調査結果は、費用対効果等の面で「直線ルートが優位」との結論に成る見通しで、同ルートで決着する公算が大きく成った。同小委は年内にも望ましいルートを盛り込んだ中間報告書を取り纏める。
JR東海は東京―名古屋間のルート候補として、南アルプスをほぼ直進する「直線ルート」の他、南アルプスを迂回(うかい)する「伊那谷ルート」、「木曽谷ルート」の3ルートを提示。その上で「所要時間が短く、建設費も最小」として直線ルートを主張している。一方、長野県は地元自治体の要望を受け「伊那谷ルート」を望んでいる。(コイツ等が何時迄もゴネてる所為でちっともリニアが作れない!!)
JR東海の試算では、直線ルートの場合、所要時間40分、建設費5兆4300億円なのに対し、伊那谷ルートは所要時間47分(あ、それでも7分しか違わないんだ・・・)、建設費6兆700億円。中央リニアはJR東海が自己負担で建設する計画だが、経済社会への影響が大きい為、同委で建設に伴う経済効果や需要予測を調査していた。
JR東海は東京―名古屋間の開業を2027年、東京―大阪間を45年とする目標を掲げている。(まだまだ先だねー・・・)
「直線」ルートで決着。当然だ!!迂回する必要など全く無い!!リニア中央新幹線は老朽化し始めた東海道新幹線のバイパス。一刻も早い建設が必要。だと言うのに、長野の馬鹿共が無意味に曲げようと、金は出さない癖に此処に通せと、身勝手にゴネてる所為で何時まで経ってもリニアが作れない!初期の計画では、今頃は走っていた筈なのに・・・つい2・3年前は2025年に営業開始の方針だったが、又延びている。もう出来ないのではないか? [リニアルート「直線」で決着。]の続きを読む

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/10/15(金) 18:15:22|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は鉄道の日。

今日は10月14日、鉄道の日だ。ホントならお祭りモード、お祝いモードで行きたいが、ばあちゃんが死んだばっかりだ・・・・・そんな気分では無いし、今はおめでた系はタブー。なので、今年は自重。今年は、今迄で最悪の鉄道の日だ・・・・・

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2010/10/14(木) 21:21:04|
  2. その他、公開日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初乗車色々。

10/6日、田舎に行った。3日の日に癌で死んだ祖母さんの別れの儀式の為だ・・・
親は先に向こうに着いていて、弟と一緒に行く筈だったが、チョット体調が悪く出発が出遅れたので、置いて行かれた・・・なので、少しでも速く着こうと一番早い方法(裏技)を使う事にした。その方法は、新幹線。それでも、30分位しか縮まらないが・・・千葉県から大手町(東京)迄は同じルートだが、この方が遠回りでも少しだけ速いのだ。やはりメトロと小田急が遅過ぎるのか・・・・・
300系
東京から小田原迄乗った300系「こだま」。300系に乗るのは今回が初めてだ。そして、最初で最後に成るだろう・・・
費用対効果は低く、少し勿体無いが、にはそうでも無い。
そのまま通夜。翌日には葬式が有る訳だが、やはりこの手のものはダメだ・・・・・自分には向かない・・・・・しかも、体調も崩しているので結局ダウン。葬式も、行く事は行ったが、本番前に退場しそのまま留守番。一応、役には立ったが・・・・・

10/8日、用も終り帰る。特に乗る路線を決めていなかったが、何となく、今迄乗っていなかった多摩急行に乗ってみた。新百合ヶ丘で乗り換える訳だが、途中の海老名車庫で珍しい物を発見!保存されているSSEでは無い。間逆だ。ソレは、千代田線の新型車輌、16000系だ!!他所のブログでも輸送中のレポートは良く見るが、今回のケース(目撃情報)は初めてではなかろうか?しかし、何故海老名に?
多摩急行6000系
新百合ヶ丘でやってきた多摩急行はメトロの6000系。う~ん・・・コイツでは前面展望が楽しめない・・・ちと残念。そのまま終点の我孫子迄行ってみた。所要時間約1時間半で到着。次はそのままこれ又初乗車の成田線で終点の成田迄。実は、千葉県民のクセして、未だに久留里線・総武本線(佐倉~松岸)・東金線・芝山鉄道・スカイアクセス・銚子電鉄の末端区間(犬吠~外川間)には乗った事が無いのだ・・・・・何時か乗らないとね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/10/08(金) 23:37:15|
  2. 鉄道体育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

58%が直線南アルプスルートを支持。

国土交通省は29日、リニア中央新幹線計画に関する住民や地元自治体等から公募した意見(パブリックコメント)793件の内容を発表した。最大の焦点で有るルート選定では、3ルートの内、東京と名古屋をほぼ直線で結ぶ「南アルプスルート」を支持する意見が58%の463件を占めた。
パブリックコメントは、7月30日から8月28日迄募集。個人699人と124団体から意見が寄せられた。内、ルートが3案に分かれている長野県内からが計556件と全体の7割を占めた。へー、こんなのやってたのかー。
ルートは、南アルプスルートの他、諏訪地方を通り伊那谷を経由する迂回ルート・木曽谷を経由する大回りルートが検討されている。建設・運営主体のJR東海は、所要時間が最短で、建設費も最小の南アルプスルートを主張している。これに対し、長野県内の自治体には、地域振興の観点から伊那谷ルートを求める声が多い。全く、いい加減に諦めろよ、馬鹿共が!!お前らの所為で何時迄もルートが決まらないんだろうが!!
パブコメでは、長野県内の意見でも、南アルプスルートを求める意見が81%の453件を占め、伊那谷ルートは37件に止まった。
そりゃぁそうだろう。リニア何か依り、信越本線の方が問題山積みだろうが!!ソッチを最優先しろよな!!


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/10/01(金) 20:01:03|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0