写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リニアのルート。

有識者らでつくる「明日の京都の高速鉄道検討委員会」(会長・柏原康夫京都銀行会長)は26日、市内で会合を開き、JR東海のリニア中央新幹線計画について「京都ルートの実現が望ましい」との意見案をまとめた。近く山田啓二知事ら関係者に提出する。
リニアは東京-大阪を約1時間で結ぶ構想。現計画は南アルプスをほぼ直線に貫通するルートで、関西は奈良市付近を通り、京都は外れている。今秋迄に大まかな駅の位置や経路を確定して14年度に着工の予定。45年の全線開業を目指している。
意見案は「京都は観光立国を実現する拠点。国際的に果たす役割は重要」と結論づけた。会合では東日本大震災を受け「都市機能分散の意味で防災上からも実現は不可欠」などの意見が出された。

リニア新幹線は、中央・関西線ルートが長年有力だったが、此処で京都が出て来るとは・・・・・意外だ。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/30(土) 23:35:22|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北新幹線、復活。

4/29日、東日本大震災で被害を受けた東北新幹線、仙台~一ノ関間が復旧し、全線で運転を再開した。コレで、新幹線という列島の大動脈が一つに繋がり、青森から鹿児島迄の新時代の陸の高速ネットワークが遂に現実の物と成った。だが、一部区間で未だ徐行運転をしている為、完全な物とは言え無い・・・・・今回の件は、テレビでも報道され、祝賀ムードタップリだが、果たして、本当にそれで良いのだろうか?・・・・・お祭りモードに水を刺す意見だが、この現実に意義有り!!と言う者も居るだろう。内陸部の主要路線は大半が復旧したが、太平洋沿岸の路線は、未だ殆どが機能不全のままだ。地元の足は機能していない・・・・・
朝日新聞の4/19日(火)の15面に面白い記事が有る。原武史のインタビュー記事だ。コレは是非一度読んで欲しい(無い人は仕方ない・・・)。
彼が言うには、「新幹線優先は良くない・先ずローカル線を復旧し、地元の日常を回復させるべし」との事だ。全くその通りで有る。
以前、YAHOOニュースの新幹線復旧状況のニュース記事のコメント欄に、「新幹線よりも、貨物を運ぶ在来線の復旧を優先させた方が、復興の支援に成るのでは?」と書き込んだ事が有るが、賛成意見は僅かで、反対意見ばかりだった・・・・・何故、世の中の人の大半が、在来線の真の価値を理解出来ないのだろうか・・・・・確かに、新幹線は時代の最先端の技術の結晶で、日本の鉄道の顔と言っても良い。実際、外国人に日本の風景と言えば?と振ると、富士山と東海道新幹線をイメージするくらいだから当然と言えば当然だ。だが、よく考えて欲しい。日本の顔の代表と言えば天皇だが、彼らは本当に必要不可欠な存在であろうか。答えはNOで有る。天皇の存在が無くても、日本の機能には何の問題も無いのが現実で有る。新幹線の場合は、無くなると深刻な状況に成るのは確かだが、無ければ無いでどうにか成るのも事実だ。新幹線が無かった頃は、在来線の特急・急行や夜行列車が全盛の時代だった。今なら、飛行機も高速(夜行)バスも沢山有る。新幹線だけに執着する必要は無いのである。自分は新幹線は大好きだし、復旧したのはやはり嬉しい。だが、新幹線よりも在来線の方が役割が多いのは事実だ。新幹線は速いが、人しか運べ無い。その点、在来線は貨物列車も走る。非常時の物資の輸送には非常に重要なインフラだ。現に今回、横浜から盛岡にガソリンを運んだ貨物列車は、日本海縦貫線・青森を経由している。山形・秋田両新幹線が走る奥羽本線が、改軌していて走れない為、ネックに成ってしまったとの意見も有る。それに、新幹線に毎日乗る人なんて、殆ど居ないだろう。例え新幹線通勤していたとしても、必ず在来線には乗る筈だ。逆に鉄道で通勤する人に、在来線に乗らない人はまず居ないだろう。日常で重要なのは在来線なのだ。復興とは、日常を取り戻すと言う事ではなかろうか。
東京でも、停電で殆どの路線が止まり、人々を不安にさせた。翌日、本数は減ったが、再び走り出した事で、皆安心した筈だ。特急や新幹線が運休しても、此処迄大騒ぎには成らないだろう。やはり、本当に必要なのは在来線なのだ。
どうもJRグループは、新幹線や特急にしか価値を示さない傾向が強い。つまり特急依存体質。理由は明白で、普通運賃以外に追加料金が取れるからだ。なんともセコイやり方である。だから、平行在来線問題が有る。要するに、新幹線を走らせ、特急が無く成ると、普通運賃しか取れなく成る。それでは金に成らないから、もう要ら無い・・・という訳だ。実に無責任である。都市部でも、小田急等では、普通列車が一杯有るのに、わざわざ不便にして特急に誘導しようとするやり方が目立つ。一般の利用者の多くも、それに洗脳されているのではなかろうか?このままでは、金の成らない木のローカル線が切り捨てられる危惧が有る。ローカル線が復旧し、地元の日常が戻る事。それが真の復旧では無いだろうか。


被災地の鉄道復興のために 明治学院大教授・原武史

知恵袋

にほんブログ村 鉄道ブログへ [東北新幹線、復活。]の続きを読む

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/29(金) 20:53:22|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

今日はWで誕生日。

今日は、4/27日。この日は忘れる事は無い。何故なら、今日はあるものの誕生日だからだ!
先ずは家族。
そして、地元鉄道の開業日でもある。
特に何も無いが、個人的にめでたい日なのだ。

それにしても、今日は風が強い。此処2週間程、ずっとこんな状態だ。そろそろ勘弁して欲しい・・・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ [今日はWで誕生日。]の続きを読む

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

  1. 2011/04/27(水) 16:09:35|
  2. その他、公開日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧国鉄気動車、29日再デビュー。

旧国鉄で活躍した気動車「キハ52」が29日、いすみ鉄道で観光急行列車として再デビューする。JR西日本から購入した1965年製の1車両。半世紀近くを経たディーゼルカーは、いすみ鉄道の前身である国鉄木原線と同じ朱とクリームの国鉄標準色に塗り替えられ、経済成長が続いていた昭和のノスタルジーを感じさせる。点検整備が完了し、土曜・休日限定の観光急行列車として再出発する事に成った。運行は大多喜-大原間で1日2往復。国吉、上総東の2駅に停車するが、途中駅からの乗車は出来ない。記念の第1号列車は29日午前10時16分、デンタルサポート大多喜駅を大原駅に向けて発車する。大型連休中は29日から5月5日迄連続で運行し、その後は土曜・休日のみ。列車名は休日が「そと房号」、土曜は「夷隅号」。乗車券の他、急行券(大人300円、小学生150円)が必要。電話0470・82・2161(午前10時~午後5時)
大糸線、南小谷~糸魚川間で最近迄活躍していた旧型気動車が、今度はいすみ鉄道で活躍する。JRでは普通列車だったが、いすみ鉄道では優等列車だ。


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ [旧国鉄気動車、29日再デビュー。]の続きを読む

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/26(火) 22:24:26|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今年で6年。

乗客106人と運転士が死亡した福知山線脱線事故から満6年を迎えた25日、JR西日本主催の追悼慰霊式が兵庫県尼崎市で営まれた。市内の事故現場では被害者や同社関係者らが献花し、犠牲者を悼んだ。慰霊式には遺族や負傷者、同社の佐々木隆之社長(64)ら約1200人が参列。事故発生時刻の午前9時18分に合わせ、全員で黙とうした。佐々木社長は改めて事故を謝罪し、東日本大震災に触れ、「報道される悲惨な状況に、(事故の)当時を思い出して胸が締め付けられる人も多いと思う。事故がもたらした状況をしっかり認識し、事故や災害に強い鉄道を目指し取り組む必要があると痛感している」と述べた。慰霊の言葉では、長女=当時(21)=を亡くした奥村恒夫さん(63)が、砕いた遺骨と土を混ぜて作った楽器のオカリナを使って演奏。同社に残された課題は安全の確立とし、「大小にかかわらず、二度と事故を起こさない立派な企業に変身すると約束してほしい」と述べた。37歳の長男を亡くした斎藤百合子さんは「毎日仏壇に話し掛けているが何も返ってこない。寂しい、もう一度会いたい、顔も見たい、声も聞きたい」と訴えた。事故現場には朝から、遺族や負傷者のほか、佐々木社長らが次々と訪れ献花。業務上過失致死傷罪に問われ、神戸地裁で公判中の前社長山崎正夫被告(67)も姿を見せた
あの大惨事から、もう、6年も経つのか・・・この事故の被害車(207系)は、今年の地震の被害車より、更に無残な姿だった・・・・・あの無残な姿は、絶対に忘れる事はないだろう
絶対に忘れてはならない、後世に伝えていかねばいけない事故・・・自分に子供が居たら、絶対にこの事は話す。
この惨事の原因と成った、会社の企業体質・利用者のモラル・・・・・等
これ等が改善される事を只望むだけだ。


にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/25(月) 22:46:23|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完全復活迄後一歩。

東日本大震災の発生以来、不通となっていた東北新幹線の盛岡~一ノ関で、23日朝から運転が再開された
東日本大震災の発生以来、運転を見合わせていた東北新幹線の盛岡~一ノ関は、7日に一旦運転を再開したが、7日深夜に岩手県内でも最大震度6弱を観測した余震の影響で、再び不通と成っていた。JR盛岡駅では、23日午前7時17分出発の上りの一番列車がホームに到着すると、荷物を抱えた乗客が次々と乗り込んでいった。
運転見合わせが続く残りの区間について、「JR東日本」では、25日に福島~仙台で、29日に仙台~一ノ関で運転を再開させる方針で、東北新幹線は49日ぶりに全線で運転が再開される事に成る。
あの酷い状態だった仙台駅が、もう治ったのかな?

東北新幹線が完全復活する迄、後一歩だ!!


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/24(日) 14:20:09|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気仙沼線も危機!!

東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県北沿岸部のJR気仙沼線(72.8キロ)の復旧の見通しが立たず、沿線住民に不安が広がっている。とりわけ気仙沼線が唯一の鉄道だった南三陸町では、代替バスなどがないうえ多くの住民が津波で車を流されたこともあり、通院や通学への深刻な影響が出始めている。「町は『陸の孤島』になってしまうのか」。交通弱者である高齢者や子供を中心に、地域の「足」の回復を望む声は根強い
気仙沼(気仙沼市)-前谷地(石巻市)間を走る気仙沼線は、全23駅の内9駅が津波によって流失。レールもいたるところで押し流されたりがれきに埋もれたりしている。南三陸町では町内5駅の内4駅が流され、バス等の代替交通機関も運行されていない。復旧の見通しが立たない事から、このまま廃線にならないかを心配する住民も。中学3年の長女(14)が部活動で気仙沼線を頻繁に利用していたという主婦、今野美和さん(34)は「気仙沼線が廃線になるとすれば、町は『陸の孤島』だ」と話す。JR東日本によると、宮城県内の在来線7路線の内、全線で復旧の見通しが立っていないのは気仙沼線だけ。今後の復旧のあり方についてJR東日本の広報担当者は「街の復興と合わせて議論すべき問題。今後、地元自治体と協議する中で検討する」としている。
意外な事に、岩泉線よりも、気仙沼線の方が深刻な状態で有る事が解った。気仙沼線は、三陸縦貫線の一部である事から、この路線がなくなると、非常に寂しくなる・・・・・又、この路線の沿線は、他に路線が無く、廃線は非常に深刻だ。何とか最悪の自体だけは回避して欲しいものである。


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/22(金) 23:55:46|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トモダチ作戦。

トモダチ作戦・・・とは、一体何じゃろか?

米軍は、東日本大震災を受けて展開中の被災地支援「TOMODACHI(トモダチ)作戦」の一環として、宮城県で一部区間が不通のままのJR仙石線のがれき撤去作業に21日から着手する。
日米両政府の調整で18日、固まった。
作業を行うのは、在日米陸軍が同作戦のために神奈川県や沖縄県に駐留する部隊などで編成した「第35兵站(へいたん)任務部隊」。宮城県東松島市内の野蒜駅―陸前小野駅間の3・2キロ・メートルのがれきを数十人態勢で、約10日間で除去する。


このトモダチ作戦で、仙石線の復旧が早く成るならとても良い事だ。
このトモダチ作戦の具体的な内容は解らないが、被害が深刻な三陸鉄道でやってやれば良いのに・・・・・


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/20(水) 22:38:20|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北新幹線、月内にも全線再開。

東日本大震災の被害で福島―盛岡間の運転を見合わせている東北新幹線について、JR東日本は18日、月内にも全線で運行を再開するとの見通しを発表した。同社によると、東北新幹線は23日に一ノ関―盛岡間、25日には福島―仙台間がそれぞれ運行を再開する。これにより、東京―仙台間が大震災から1カ月半振りに新幹線で繋がる見込み。残る仙台―一ノ関間は30日頃再開出来るとしている。ただ、一部で徐行運転と成る為、全線再開後の運行本数は従来に比べ、最大8割程度に留まるという
鹿児島から青森迄繋がった新時代の動脈は、西側の開通と同時に発生した東側の機能不全で未だ機能出来ていない。動脈列島の真価が発揮されるのは、もう少し先だろう。


にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/19(火) 21:20:57|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北本線、仙台迄復旧。

東日本大震災で運転を見合わせていたJR東北線の黒磯―安積永盛駅間が17日、運転を再開した。これにより、東北線は東京から仙台迄繋がった
貨物列車も同日夜、宇都宮貨物ターミナル―仙台貨物ターミナル駅間の運転を再開。貨物列車はこれ迄、首都圏から日本海側を経由して東北地方に向かっていたが、首都圏から仙台迄直接、物資を運べるように成る。
21日には、残る区間が復旧し、全線で運転を再開する予定だ。


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/18(月) 21:55:54|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロマンスカー復活。

計画停電により運休と成っていた小田急電鉄の特急「ロマンスカー」が16日、34日ぶりに運転を再開した。震災による観光客減少で苦しむ沿線の観光地・箱根では、喜びの声が上がった。
乗客は、「箱根に行くって言ったらロマンスカーなので」、「楽しみです!」等と話した

小田急電鉄の特急ロマンスカーは、計画停電の影響で3月14日から運休となっていたが、計画停電の実施が一旦終了した事等を受け、16日に運行を再開した。
特急料金は全額、日本赤十字社に寄付されるという。
午前9時半頃、一番列車が終着駅の箱根湯本に到着すると、待ち受けた箱根町長や地元の観光関係者らが出迎えた。
乗客は「少しずつ、普段の生活に戻っていくことが、日本全体にとっていいことだなと思っているんで」と話した。
また、地元の芸妓(げいこ)は、「待ちに待っておりました。やっぱり箱根に来るお客様は、ロマンスカーで来る方がたくさん、多いので」と話した。
観光庁によると、震災の影響による全国のホテルや旅館のキャンセルは、少なくとも56万人分に上っていて、日本有数の温泉地・箱根でも、観光客が7~8割程減少している事から、ロマンスカーの運転再開に大きな期待が寄せられている。
ロマンスカーの復活はやはり嬉しいが、先ず普通列車の完全運転(運転率100%)から頑張って欲しいね。時刻表通りのダイヤが一番だ。

特急列車は、所詮看板に過ぎないし・・・・・看板よりも、主力商品がちゃんとしている方が、皆嬉しいだろう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ [ロマンスカー復活。]の続きを読む

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/16(土) 21:37:17|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阿武隈急行保原 - 富野間再開。

阿武隈急行、一部が再開
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/14/013/index.html


どうやら阿武隈急行は、三陸鉄道程の深刻な被害は無かったようだ。危機的被害は無さそうで何よりだ。ひとまず一安心。

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/15(金) 21:20:04|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道車両用ブラシ、6月にも供給再開。

日立化成工業が6日、東日本大震災による被災で、供給ができなくなった鉄道用部品について、同業他社に生産委託する方針を固めた事が分かった。早ければ6月頃には鉄道各社に供給を再開する。同社の稼働停止により、JR西日本が部品の不足を理由に、昼間帯で最大5割の間引き運転を行う等影響が出ていたが、運行再開にも一定の目処がつくと見られる。
日立化成が供給しているのは、鉄道車両のモーターに使われるカーボン(炭素)製消耗部品「直流電動機ブラシ」。同社は炭素製品の業界団体「炭素協会」(東京都千代田区)を通じて、会員企業に生産委託を打診したところ、東海カーボンから内諾を得た。
日立化成は5日に部品の原料となるカーボンブロックの生産を一部再開しており、委託先で銅線を付けるなどの最終加工を施す。ただ、東海カーボンにも鉄道各社からの受注が殺到しており、委託生産がすぐに軌道に乗るかは不透明だ。
日立化成は直流電動機ブラシの国内シェアの約70%を持っており、少数の委託先で全てをカバーするには限界がある。同社では引き続き他のメーカーに委託を打診する方針だが、カーボンブロックの生産から最終加工を経て出荷する迄には約3カ月が掛かる為、品薄状態の解消には、まだ多少の時間が必要と成る見通しだ。
日立化成の直流電動機ブラシは、カーボンブロックの生産を山崎事業所(茨城県日立市)、最終加工を浪江日立化成工業(福島県浪江町)で手がけてきた。浪江日立化成は福島第1原発の避難区域内にあり操業できない状態が続いている。
この為JR西日本がこの部品の調達が出来ない事を理由に、2日に一部在来線で運転本数を減らす「間引き運転」を始めていた


にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/08(金) 21:21:01|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カナダに日本製のディーゼルカー。

カナダの鉄道会社が、日本のメーカーに、新型のディーゼルカーを注文したらしい。
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/04/04/080/index.html



にほんブログ村 鉄道ブログへ

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/05(火) 20:17:38|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都内の私鉄、今日からほぼ平常運行。

東京電力の計画停電の影響で、本数を減らした特別ダイヤで運行している都内の私鉄の多くが4日以降、平日は朝夕を中心にほぼ平常に戻る。他路線との直通も多くの線で再開される。新年度が始まり、混雑が予想されるための措置。
京王、東急、つくばエクスプレス(TX)はいずれも、朝夕のラッシュ時は平常運転とし、日中は8割程度の運転となる。ただ、東急は日比谷線との直通運転を停止したまま。
京成は朝夕平常運転とし日中、一部で本数を減らすほか、スカイライナーなど有料特急も一部運休する。
都営地下鉄と京浜急行は、朝は平常通りとし、日中以降は一部本数を減らすとしている。
すでに朝夕がほぼ平常運転に戻っているのは小田急と西武。小田急の千代田線との直通運転は朝と夕方以降。西武は平日は平常運転で、東京メトロとの直通も再開。
特急レッドアロー号は平日は休止、休日は通常通りとし、小江戸号は一部運休。
東武は8割程度の運転。伊勢崎線の特急、東上線のTJライナーを一部復活する。


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/04(月) 00:00:00|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐れていた事態が・・・

東日本大震災。阪神を超え、関東に次ぐ被害を出した大地震。東北、太平洋側の鉄道に甚大な被害を与えた。少しずつだが復旧も進んでいる。だが、恐れていた最悪の事態が、遂に現実味を帯びて来た・・・・・

三陸鉄道、存続の危機…復旧費用100億円


三陸鉄道株式会社(さんりくてつどう)は、岩手県にある第三セクター方式の鉄道会社である。通称三鉄(さんてつ)
国鉄再建法により廃止される事に成った国鉄盛線(盛 - 吉浜)・宮古線(宮古 - 田老)・久慈線(普代 - 久慈)、及び旧日本鉄道建設公団で建設中だった吉浜 - 釜石・田老 - 普代を引き受け、1984年4月1日に特定地方交通線の第三セクター化第一号として開業した。
三陸のリアス式海岸沿いを走り、「さんてつ」の愛称で親しまれている第三セクターの「三陸鉄道」(盛岡市)が存続の危機に立たされている。東日本大震災で高架橋が崩落する等、復旧費用は100億円かかるとの見方もある。会社単独の復旧は困難で、資金の目処がついても全面再開迄1年以上掛かるという。
三陸鉄道は県や沿線自治体等が出資して81年設立。北リアス線(久慈-宮古駅間71キロ)や南リアス線(釜石-盛駅間36キロ)を運行する。09年度は利用客約89万人。県等から1億円以上の経営損失補助金を受け、実質赤字状態だった。震災で、南リアス線は釜石市の唐丹(とうに)-吉浜駅間の高架橋が落下、釜石-平田駅間の大渡川鉄橋は橋脚にひびが入り、線路が寸断された。北リアス線も島越駅等駅舎が壊滅。同線は一部区間で運行を始めたが、南リアス線は損壊が大きく復旧の目処が立っていない。現行の鉄道施設災害復旧費補助制度では、復旧工事費の内国と地元自治体が各25%、鉄道事業者が50%を負担する。三セクは地元自治体が事業者分の負担も迫られる為、岩手県の担当者は「工事費に100億円かかるとの試算もある。国のさらなる支援なしに復旧は不可能」と頭を抱える。国土交通省の担当者も「今回の地震は通常の災害と異なり、被災自治体の負担は計り知れない。鉄道の復旧について国の補助率を拡大したり、違う枠組みによる支援も検討したい」と話している。
もしこのまま復旧出来ず廃止されると、嘗ての高千穂鉄道高千穂線(2005年9月の台風14号による被害が致命傷と成った)と同じ運命を辿る事と成る。又、JRでも、同様の危機に瀕している路線(特に、震災前から土砂崩れで運休している岩泉線等)は多い筈だ。
それだけは絶対に避けて欲しい所だ。


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ [恐れていた事態が・・・]の続きを読む

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/03(日) 22:26:15|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥羽本線は復活か?

東日本巨大地震の影響で運休していた山形新幹線が31日、新庄―福島間で運転を再開した。
JR東日本によると、東北新幹線の福島―那須塩原間が4月中旬に運転を再開する迄、新庄―福島間の折り返し運転と成り、上下線で1日計9本を運行する。
秋田のこまちも同様の運転状態。ミニ新幹線も、フル規格区間を走らなければ、只の在来線特急でしかない。

一方、太平洋側の路線の被害は甚大だ。
JR東日本は31日、東日本大震災で津波を受けた大船渡、気仙沼、常磐等東北地方の在来各線を緊急点検した結果、23駅が流失し、18カ所で総延長約22キロの線路が流失、埋没していたと発表した。
同社によると、30日迄に、津波を受けた7路線の約400キロの内、約152キロの線路と、111駅の内95駅の点検を終えた。
その結果、駅や線路、電柱、信号等約720カ所に被害があった。
気仙沼線の志津川等9駅、大船渡線の陸前高田等6駅、山田線の大槌等4駅、常磐線の富岡等3駅と石巻線の女川駅が津波で流されたり、跡形が無い程破壊されたりした。他に19駅の駅舎が損傷した。
気仙沼線の津谷川橋(約460メートル)等7本の橋が流され、約160カ所でレールが変形、約360カ所で電柱が折れる等した。
JR東は復旧の見通しと被害額について「分からない」としている。

時間が経てば、いずれ復旧はするだろう。だが、今後最も恐れているのは、地方私鉄等と同様の理由による廃線の危機だ。収支改善の見込みの無い赤字ローカル線が、復旧しても無意味と判断され、切り捨てられる事で、復旧されずにそのまま廃止されてしまう事だ。実際に、災害による設備損傷で、復旧される事無くそのまま廃線に成るという例は、過去にも幾つか(九州等で)事例が有る。被害を受けた路線は、大半がローカル線で、そう成る可能性が有り、予断を許さない。


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/04/01(金) 23:47:24|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。