写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

テレビ見て思った事。

日曜日恒例の対決?番組、ほこ×たて。
今日のマニアVSプロは近鉄。
対決の行方は・・・・・・・・・・う~ん、マニア惜しい!
しかし途中で毎度出て来るコンビがウザかった・・・

その後で又出たあのガジラカッター。それに挑む?のは防犯チェーンロック。しかし重さ44キロって・・・フツーの人には重くて扱えんでしょ・・・後、値段は?いくらやねん・・・
もはや切られない事のみを求めて作ったんだな・・・って、あっさり割り切られとるやんけ、火花上げて・・・
こうやって対決する事でお互いの技術を更に高め合うのはとても良い事だが、行き過ぎた物は見向きもされんよ。エジソンの早過ぎた発明の数々の様にね。
頭脳や理論上では出来ていも、それを形にする為の技術がそれに追い付いていなかったり、技術は有ってもそれを扱う人間によっては善にも悪にも成るし、何より使いこなせなくては宝の持ち腐れ。コレが俗に言う「天才と凡人の何たら」ってやつね。
EVだって、元々はエジソンが作って普及する筈だった。が、当時の人々はEVを使いこなせなかった。だからフォードが勝ってしまった・・・・・

似た様な話が東京メトロ東西線に有る。
当時、混雑緩和策として05系がワイドドア仕様で登場した。が、結局失敗に終わり、5編成で増備は打ち切られ元の仕様に戻った。
↓ウィキペディアより
ラッシュ時の乗降時間短縮を目的に、通常の1,300mmドア幅よりも500mm広げた1,800mmドア幅(ただし、乗務員室直後の扉のみ通常の1,300mmドア幅)としたワイドドア車と呼ばれる車両が製造された。しかし、JRなどで導入されている6扉車と比較した場合、乗降に掛かる時間は6扉車の方が短く、ドア幅が広がった分開閉時間が掛かることで余計な乗降や駆け込み乗車が多く発生し、時間短縮どころか遅延の原因を生み出す結果となり、第14 - 18編成の5本でワイドドア車の製造を中止した。
ただし、その後再び混雑が激しくなったこともあり、東西線向けのワイドドア車として2009年(平成21年)度から2011年度に15000系を13編成導入した[8]。今後は、西船橋方面発列車(B線列車)で茅場町に午前8:00 - 8:30頃に到着する東京地下鉄運行列車15本に集中導入することで混雑緩和を図る予定である。これには15000系13本と合わせ、さらに検査等の予備車を含めた18本がワイドドア車となる予定とされている。
所が最近に成って又も同じ理由で後継車の15000系がワイドドア仕様で登場。今度は上手く行き、初期の05系の一部がコレに置き換えられた。
ワイドドア仕様の電車は当時はまだ早過ぎた発明だったと言う落ち・・・

05系ワイドドア仕様が登場したのと同じ時期に小田急もワイドドア仕様車を造ったが、やはり同じ運命を辿り結局魔改造される有様だし・・・
詳細
京葉線のニートレイン等と呼ばれる連接構造の通勤電車E331系。新機軸ばかりだったせいなのか、故障や不具合が多発して使い物に成らんとこの有様だが、コイツも多分今の時代にはまだ早過ぎた登場なのかもしれないな・・・

久留里線を走っていた骨董品のキハ30。コイツ等の最大の特徴の外吊り式ドア。当時は車体強度の関係上の苦肉の策としてのアイデアだったが、現在では特急形車やLRVを中心に普及し始めている。

そして電気もそうだ。
電流戦争でエジソンに勝ったと言われるニコラ・テスラ。だが、やはりコレも最終的にはエジソンが勝つと思われる。
エジソンが作ったのは直流で、テスラが作ったのは交流だ。
交流は電圧が高い為、地上設備の投資の関係でテスラの交流に軍配が上がった訳だが、交流の直流に対する利点は電圧が高いという事のみ。その為今後技術革新で高電圧の直流電気が作れる様に成った為、交流よりも効率が良い直流で送電すれば環境への影響を減らせるので、今後送電設備は交流から直流へ切り替わるらしい。具体的な時期は不明だが。
エジソンは電気で負け、自動車でも負けたが、どちらも早過ぎた発明で結局は勝つ事に成りそうだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ [テレビ見て思った事。]の続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2013/04/21(日) 22:47:26|
  2. その他、公開日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0