写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

今シーズン最大(?)の変化

毎年恒例の全国規模の一斉ダイヤ改正。
それに伴い、多くの車両、列車が新しく生まれる中で、今年も消えていく・・・
今回の目玉はやはり北陸新幹線・東北縦貫線・ほくほく線超快速、のぞみのスピードアップ、國鐵廣島待望の新車だろう。
逆にはくたかの新幹線化、北陸・信越線の三セク化、トワイライトの引退、北斗星の不定期化(同時にブルトレの定期便絶滅)、房総特急の大幅縮小が挙げられる。
はくたかの件では、これまで、引退した列車の名前を新幹線が頂戴する事はしょっちゅうだが、現役の列車から名を奪って同時に引退させるというパターンは初(少なくとも自分の知る限りでは)である。
並行在来線が一度に3つに分離するのも初ではなかろうか。
ただ、この手の事例はもう諦めモードなのか、それとも国中の至る所からの批判が相次いでいたからなのか、新設を重ねる度に良くなって来ている傾向も有る。
今回の北陸線関連での改悪は今のところはさほどのものではない様だ。
あるいは暫くしてから負の側面が現れるかも知れないので暫し様子見といったところか。
だが、一部の専門家が語る様に、並行在来線問題は考え様によっては実は大した問題では無いと言うのも納得する。
やはり新規開業の新幹線と同じ上下分離の仕組みを全国の主要幹線に導入すればこれ程問題にはならないのかもしれない。最近の北近畿タンゴ鉄道の取り組みを参考にしてやってみるのはどうだろうか。これらをきっかけに良い流れが出来る事を強く願う。
今回の改正では基本的に、寝台特急、房総特急以外では特に目立った改悪は無い。房総特急が大幅減便・縮小された穴埋めに、快速の増発、特快が新設された。國鐵千葉管内では普通列車主体のダイヤに切り替わりつつあるようだ。これはいい傾向である。
ただ、房総特急が利用者減しているとは良く言われているが、一番の原因は千葉北西部をスルーするからではないかと思う。東京を出た特急は基本的に千葉まで止まらない(最も本数の多い特急の成田エクスプレスは東京駅から空港まで基本ノンストップ)。利用者が多く、人口も増えている船橋や津田沼には止まらないのだ。船橋や津田沼には潜在需要が眠っている筈だが、今回新設された特快がそれを満たしてくれるのだろうか・・・
船橋はともかく何で津田沼を挙げたかは、日本で一番人口が増えている八千代市に一番近くて便利なJRの駅が津田沼だからである。実際に八千代市から津田沼か船橋に出て東京や各地にという流れは相当数有る。新宿さざなみは北西部から南房総への需要をピンポイントで満たす優秀な列車である。唯一の欠点は本数が少ない事だ。
房総特急が廃れた原因はやはり船橋と津田沼の存在を無視し続けた結果であろう。
他に、JRと北陸新幹線絡みの各事業者以外では、仙台空港鉄道・愛知環状鉄道・東京メトロ・小田急がダイヤ改正をしている様だ。


にほんブログ村 鉄道ブログへ [今シーズン最大(?)の変化]の続きを読む

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/16(月) 13:24:57|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放置し過ぎだな・・・

流石に放置し過ぎてるなぁ・・・たまには更新しなくてはな。。。
昨日はダイヤ改正も有ったし、その事でも書こうか・・・
ネタは有るけれども、気分が乗らないのよね・・・
掲示板やらが有ると、この手の戯言はそっちで書く事が多いので、此処は用途が薄れて来ているか。。。
画像も一つずつ、動画も複数張れるしね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ

  1. 2015/03/15(日) 13:46:49|
  2. その他、公開日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0