写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

「撮り鉄」の“脱線”問題

大阪府柏原市のJR関西線で「暴走した撮り鉄」が撮影の為に線路内に立ち入りダイヤが乱れた問題で、府警柏原署が鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)容疑での立件を視野に、本格捜査に乗り出す方針を固めたようだ。府警は今後、同様のトラブルを防ぐ為にも適正な捜査が必要と判断し、来週中にも立ち入り現場の実況見分を行う方針だと言う。JR西等に依ると、トラブルは14日午前10時半から11時半頃にかけて発生。柏原市青谷のJR関西線河内堅上駅付近で、団体用の貸切お座敷列車「あすか」を撮影しようと約50人の鉄道ファン迷惑撮り鉄が集まり、内数人が線路内に立ち入った。この為運転を一時見合わせ、上下線計45本に運休や遅れが出て約1万3千人に影響した。JR西は「業務に大きな支障が出た」として、府警に被害申告をする事を決めているそうだ。お座敷列車「あすか」の運行トラブルをきっかけに、鉄道ファンの間で撮影マナーについて熱い議論が展開されている。月刊誌「鉄道ファン」(交友社)の編集部でも、運行トラブルから3日後の17日、ホームページに「お願いとお知らせ」を掲載。トラブルに「大きなショックを受け、危機感を深めた次第です。線路内に立ち入ったり、他人の家屋に無断で立ち入っての撮影等は犯罪行為です」と呼び掛けているらしい。又、「鉄道コム」と言う鉄道情報サイトでは、「鉄道ファンのマナーを考えよう!」と題した緊急企画が始まり、一部ファンヲタクに依る悪質な撮影を批難する意見も寄せられているらしい。コレは単なる迷惑行為では無く、犯罪としか言えない様な行為だ。大体、こういった連中は、デカイ高価なカメラを所有している傾向が多いが、その癖して、何故此処迄しないと良い写真が取れんのだ?デカイ高価なカメラには、暗いところや遠くからでも良く撮れるレンズや機能が付いている筈だ。自分が持っている安物のデジカメにも、こういう機能が付いている。よっぽど撮影がド下手クソなのか?多くの良心的なファンからは「鉄道を楽しむ場を自ら少なくする行為だ」と懸念する声が高まっている撮り鉄・葬式鉄と呼ばれる連中は、こんな不届き者が後を絶たない・・・・・こんな不届き物どもと一緒にされるのは大迷惑だ!健全で良識的な本当のファンは、皆白い目で見ているゾ!!この、社会のゴミめ!!!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
関連記事
関連記事

テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

  1. 2010/02/21(日) 18:10:41|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<500系のぞみ、2月末で引退。 | ホーム | 今日は平成22年2月22日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/172-c46aa4a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)