写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

エゴ政策、断固反対!!!

政府が検討を進めている高速道路料金の無料化と上限料金制度の導入について、JR7社は5日、仮に全国の路線で上限料金制度が導入され、普通車が上限2000円、トラックが上限5000円になった場合、総額520億円の減収につながるとの試算をまとめた。JR東日本の清野智社長らはこの日、前原誠司国土交通相を訪れ、無料化や上限制度の導入を見直すよう求めた
このエゴ政策に依って、JR旅客6社の減収は250億円にも成ると見込まれ、通年で上限料金が実施された場合でも、新幹線や特急列車の乗客の3.7%はマイカーに乗り換えると推計され、営業収入の押し下げ効果はJR東日本だけでも約200億円にも達し、旅客6社の合計で総額500億円にも成るという(運輸調査局の試算)。7社はこの他、無料化や上限制導入には高速道路を使わない人の税金も使われる事、上限制度が導入された場合は二酸化炭素(CO2)排出量が年間で500万tも増えると主張。「交通事業者が企業努力をしてきているにも関わらず、我々の力の及ばない所で総合交通体系を崩される事に尽いては、割り切れない思いがする」と、JR東日本の清野社長は語る。「総合的な交通体系の有り方も勘案して、(6月に始まる高速無料化)社会実験の有り方を決めていきたい」と話す前原誠司国土交通相。前原!お前は鉄道ファンの端くれだろ!撮り鉄だろ!鉄道の味方じゃないのか!!鉄道を守れるのはお前だけだ!鉄道を廃れさせる鳩山のこんなエゴ政策を絶対に許すな!!マイカー優遇、断固絶対反対!!!こんなエゴ政策、今直ぐ止めろ!!


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/03/06(土) 19:23:50|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<列車運転士の夢、700万円で買える? | ホーム | 又延びるリニア開業・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/179-c6639c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)