写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

いすみ鉄道の運転士公募。

いすみ鉄道は、訓練費用約700万円を自己負担して運転士を目指す社会人を募集すると約一ヶ月前に発表したが、28日、全国初の公募運転士4人の採用内定を発表した
鉄道好きなら誰でも一度は憧れる列車運転士。その夢を、700万円で売ろう、と言う物で、いすみ鉄道には全国各地から100件近い問い合わせが有ったと言う。しかし、700万はちと高過ぎるな・・・せめて2・300万って所が、出せる限度じゃね?古電車買う方が安いかもね・・・発想はとても面白く、評価出来るが、問題は山積みな気がする・・・
運転士を目指すのは、いずれも男性会社員で、千葉・東京・広島県の40歳代と埼玉県の50歳代。今月15日の期限迄に6人が申し込み、18日の選考試験で、意欲や訓練が継続可能な経済状況に有るか等を考慮し、この4人が選ばれた。この4人の内定者は5月10日の正式採用後、同社の契約嘱託社員として訓練に入る(訓練期間中は最低賃金のみ支給し、ディーゼル車運転の国家資格「動力車操縦資格(甲種内燃)」を取得後、契約嘱託乗務員として採用する)。
内定者からは「子供の頃から憧れていた運転士の座が目の前に有る」「人生の後半を夢の実現に挑戦したい」「鉄道を通じて地域社会に貢献したい」等、従来は鉄道会社員しか成れない運転士への可能性が開けた喜びの声が上がったと言う。
まぁ、この人達は大変に喜んでいるので、良かったのではないだろうか?
いすみ鉄道が運転士の自社養成に踏み切ったのは、所有する全6両が気動車という事情が有る。運転士11人の内10人が40~60歳代で、いずれもJRのOBか派遣組。鉄道車両の大半が電車と成った今、ディーゼル車運転の国家資格「動力車操縦資格(甲種内燃)」を持つ人は減り、外部からの補充は困難な状況と言う。成る程、と思ったが、チョット待て!鉄道車両の大半が電車と成ったのは、本州の鉄道会社だけじゃないの?北海道や四国は、殆どがディーゼルカーだぞ!九州だって、まだまだ非電化路線は多いし、本州でも、ローカル線の殆どがディーゼルカーだぞ!外部からの補充は困難な状況って、探し方が悪いんじゃないの?
今回の公募について、鳥塚亮社長は「鉄道の運転士に成る夢を実現させて貰うのが狙い」と語る。同社は経営再建中の為、鉄道ファンの心理を擽りながら、訓練費用の自己負担を求める事にしたが、「社会経験を積んだ人達なので、鉄道事業に新風を吹き込める」(鳥塚社長)と期待は大きいようだ。
よく言えば確かにそうなのだが・・・・・悪く言えば、鉄道ファンをカモにした経費のケチりだろう?・・・
そもそも鉄道ファンが運転士の夢を諦めざるを得ないのは、鉄道会社のエゴ!「鉄道が好き」、と言う理由だけで、鉄道会社は採用しない。鉄道会社で働く鉄道ファン、と言うのは極めて稀な事だと聞く。鉄道マニアは、他の分野の連中と違って、比較的まともな人達が多い・・・筈。コレってやっぱり、一種の差別なんじゃないの?


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
関連記事
関連記事

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/04/30(金) 18:23:31|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラックバックテーマ 第950回「普段から持ち歩いているもの」 | ホーム | 東北新幹線E5系の愛称選考大詰め。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/205-27fda06b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)