写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

東京の地下鉄統合へ。

輸送人員世界一を誇る東京の地下鉄。その担い手の東京メトロと都営地下鉄が今月3日、初めて経営統合に向けた話し合いのテーブルに着いた。共にメトロの大株主の国と都の見解の相違は大きく、統合のハードルは高い
先月末、日本橋駅と浅草駅でメトロと都営の連絡通路を隔てるシャッターの開扉時刻が15分繰り上がり、午前5時に成ったそうだ。これ迄はメトロ側がシャッターを開けておらず、始発電車の乗り継ぎが出来なかったという。「都営とメトロに分かれている事の不便さを解消する事が利用者の為に成る」と、6月の株主総会で都が改善を要求し、国に協議を迫る材料に成った。成程、そんな不便が有ったのか。そんな早い時間には乗らないから知らなかった。
都が示す「非効率な運営」の例はまだ有る。千代田区の九段下駅。一つのホームの両側にメトロの半蔵門線と都営新宿線が停車するのに、厚さ約50センチの壁が中央を隔て、乗り換え客は階段を上り下りしなければ成らない。
料金体系も違う。初乗り160円のメトロに対し、都営は170円(都バスは160円じゃ無かったけ?)。距離毎の運賃も経営状態の良いメトロが割安だ。両地下鉄の乗り継ぎの際には70円引きだが、新たに運賃が掛かり、いちいち改札を通らなければ成らない。
◇「二つの地下鉄」がなぜ生まれたのか。
メトロの前身の「帝都高速度交通営団」は、戦時体制の1941年に、「空襲下で唯一の交通機関として、地下鉄は必要不可欠」との国策から誕生した。それ迄個別に営業していた民間事業者や東京市の事業を統合し、国も出資した。
しかし戦後、東京への一極集中が加速。営団の路線拡張が追い付かず、都が60年に独自に都営地下鉄を開業した。採算性に優れた路線を有するメトロに対し、都営は建設費の高い時期に立地条件の劣る路線を受け持ち、赤字に苦しんできた。都営は06年度から単年度黒字を続けるが、09年度決算で累積欠損金が4300億円、長期債務も1.1兆円に達しているらしい。統合の最大の障害だ。しかも都営は、4路線全ての規格もバラバラで、路線毎にいちいち違う車両を用意しなければ成らない。その事がある程度規格が揃っているメトロ側には厄介なのだろう。東京都交通局側は、
◇浅草線=京成と京急に合わせた標準軌の中型車両(18m級3ドア)使用。
◇新宿線=京王線に合わせた特殊軌間(1372㍉)の標準車(20m級4ドア)使用。
◇三田線=東急線に合わせた普通鉄道規格(狭軌・標準車)。
◇大江戸線=リニアモーターカーの小型車両。メトロ側は、
◇銀座線・丸の内線=第三軌条の中型車両(銀座線は16m級3ドア、丸の内線は18m級3ドア)。車両基地を共有。
◇日比谷線=普通鉄道規格(狭軌)の中型車両(18m級3ドア)使用。
◇東西線=JR線に合わせた普通鉄道規格(狭軌・標準車)。
◇千代田線・有楽町線=JR・小田急・東武・西武等の普通鉄道規格(狭軌・標準車)。車両基地を共有。
◇半蔵門線=東急線に合わせた普通鉄道規格(狭軌・標準車)。
◇南北線=東急線に合わせた普通鉄道規格(狭軌・標準車)。三田線も乗り入れる。
◇副都心線=有楽町線と同じ規格。
メトロ側は、同じ様なタイプの車両を沢山使う為、コスト的にも有利だし、使い回しも出来る。例えば、東西線・有楽町線の車両が千代田線を走ったり、副都心線と有楽町線の車両が相互に乗り入れたり等。規格の違う都営には不可能な芸当だ。
04年に特殊法人から株式会社化したメトロの株式の保有比率は国が53.4%、都が46.6%。東京地下鉄株式会社法はメトロの完全民営化の為、国と都が持つ株の早期売却を定めている。国はその方針だが、都は「株が売却されると、統合は困難に成る」とみて、経営計画などに時期を盛り込む事にも待ったをかけている。
猪瀬直樹副知事は「メトロは公共的な存在。都営と一緒に成っての新しい民営化が有り得る。今なら都営も黒字化し、『結婚』する条件が揃っている」と強調。
一方、3000億~4000億円ともいわれるメトロ株の上場益を国債償還に充てたい国は慎重だ。(何ー!そんな事に使ってやがったのかー!!JRに借金を押し付けて、その癖自分は全く返済せずに更に押し付け又返済せずに・・・・・を繰り返す。その上更に東京メトロに迄こんな事を・・・・・)国土交通省幹部は「メトロ株は国民の財産。価値が棄損するような形で合併出来る訳が無い」と突き放す。3日の会見で、前原誠司国交相は「(都は)求めるだけでなくて、自らの経営をしっかり行って頂きたい」と、都営の経営状態の改善が先決との考えを示した。
非公開で行われた初協議。出席者に依ると、国と都がそれぞれの立場を主張したが、隔たりは依然大きかったと言う。次回は9月に開かれる。

確かに統合した方が利用者側には良いが、東京メトロには、あんまり利点は無さそうだね・・・・・


 ◇東京の地下鉄の概要◇

(09年度) 東京メトロ   都営地下鉄

開業年    1941年   1960年

路線数と駅  9路線179駅 4路線106駅

営業キロ数  195キロ   109キロ

輸送人員   633万人   233万人

(1日平均)

経常利益   635億円   122億円

(単体ベース)

※東京メトロは帝都高速度 交通営団として発足


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
地下鉄開通80周年:写真で振り返る地下鉄の歴史
関連記事

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/08/22(日) 21:07:20|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国際鉄道模型コンペンション。 | ホーム | 熊本総合車両基地で見学会。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/241-b2ffb2ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)