写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初乗り「1駅100円」検討。

大阪市の平松邦夫市長は22日、初乗り200円(高い・・・)の市営地下鉄運賃に関し、1駅分の利用に限り100円とする新料金システムの導入を検討する考えを明らかにした。各駅の利用状況等を見て、どの路線に導入するか検討する方針。平松市長は「市民の目に見える形でサービスを充実させたい」と話している。
市営地下鉄は1日平均約250万人が利用。新料金システムは、問題となっている違法駐輪(←の原因は、勿論個人のモラルも有るが、駐輪所の不足や、駐輪所自体の問題も有る。最近のスーパーに多いタイプは、いちいち台にセットするのは面倒。それに何よりも、金が取られるからだろう。)の解消にも繋げたい考えで、平松市長は「1駅100円ならば、自転車に乗らない人も出て来るのでは無いか」と述べた。
是非、東京にも広めて欲しい。しかし、地下鉄で初乗り200円は高いよ・・・横浜もそうだが、せめて都営と同水準の170円迄下げるべきだろう。地下鉄は建設費が高く、そのコスト回収の為の設定だろうが、北総鉄道や東葉高速鉄道等の最近開業した路線の多くで採用されている初乗り200円の路線は、その高運賃が原因で利用者が伸び悩んでいる。その為赤字がちっとも解消せず依り一掃苦しい経営に成ると言う悪循環に陥っている。第三セクターの批判にも繋がる。コレを恐れたTXは、メトロと同じ初乗り160円の設定である。この様な事態を避ける為には、やはり、鉄道施設国有化が理想だろう。道路と同じく、国が国家の財産として鉄道を整備し、事業者に貸し出す仕組みに(バスと同じ)すべきだろう。コレなら、建設費回収の為の高運賃も発生せず、又鉄道事業者の経営を圧迫する長期債務や、線路施設の資産税も発生しない。鉄道の長期に亘る健全経営が可能に成る。「公営のままでは採算など他人事のままで計算するだろうからこうした努力はされないままであろう」と言う批判も多いが、ソレを逆手に取って、インフラの維持に向けてはどうだろう?この手の物は、「採算」等という「大人の都合」というものに振り回されない方が、我々一般市民にとっては都合が良い事なのだから。
そもそも、道路は国民皆の物。線路は事業者の物。と言う考え方自体がおかしい。コレの所為で国鉄がJRに成り、平行在来線問題という大問題を生み出した。ローカル線存続問題も、福知山線脱線事故も、この考え方が無ければ、もしかしたら防げたかも知れない。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/08/24(火) 06:00:00|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<熊本総合車両基地で見学会。 | ホーム | 今度は「みずほ」が。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/243-d21e60c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。