写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

良い?悪い?東北新幹線の青森延伸。

JR東日本・東北新幹線の八戸(青森県八戸市)-新青森間(81.8キロ)が2010年12月4日開業し、東京-新青森間(713.7キロ)が全線開通した。基本計画から38年で本州最北端に到達し、地元活性化への期待が高まっているようだ。
延伸区間は1998年に着工し、全区間の約62%を19本のトンネルが占め、唯一の途中駅・七戸十和田と新青森の間に有る全長約26キロの八甲田トンネルは、複線の陸上トンネルでは世界最長らしい。
開業により東京-新青森間は最短3時間20分と従来の新幹線「はやて」~特急「白鳥」・「スーパー白鳥」乗継より39分程短縮された様だ。2011年3月5日に新型車両E5系「はやぶさ」が登場、更に10分短かく成り、2013年春には国内最速の最高時速320キロへアップし最速3時間5分で結ぶ計画。並行するJR東北本線・八戸-青森間は第三セクター「青い森鉄道」が引き継いだ。
開業初日の4日は悪天候に見舞われ上下線8本が運休、秋田、山形新幹線を含め上下線22本が最大約3時間遅れた他、夕方に東京駅で東京発仙台行き「やまびこ147号」がドアを開けずに発車し、200人が乗車出来ないトラブルも有る等、散々な開業初日だった。それでも、東北新幹線新青森開業後3日間の輸送実績(JR東日本纏め)は、八戸-新青森間の利用客は前年比26%増の1日平均7200人で、特急乗り継ぎに比べ1500人増えたらしい。最多は初日の4日で8600人(46%増)、平日の6日は4%増の5500人。新設の七戸十和田駅は1日平均1100人、新青森駅は同7000人と、それなりの盛況だったそうだ。
只、今後の集客には不安も残ると言う。集客以上に、地元の人が、「近くなった」仙台、更に東京迄買い物等に行ってしまう「ストロー現象」の懸念が囁かれているからだ。実際に、1997年の秋田新幹線開業で秋田市中心街の通行量が減ったという調査結果も有り、地元経済界によると、「過疎とストロー現象の両方が効いた」らしい。
2015年には北海道新幹線、新函館(渡島大野)迄延びる計画で有る事から、新青森が只の「通過駅」に成るのでは、とも指摘されている。観光地として知名度、実績とも青森を上回る函館との勝負に成るからだね。
「並行在来線問題」も楽観出来ない。JR東北本線の八戸-青森を引き継いだ「青い森鉄道」は02年に盛岡-八戸で運行を開始し、今回の引継ぎ分を含め、総延長122キロの日本一長い在来線(?)に成った。運賃を、従来比37%値上げしても、累積赤字(今年3月末現在)は約2億6000万円に上り、人口減少で1日の利用者数は、現在の約1万1000人から30年後には約6600人に減ると見込まれている。県は保守管理費用等として赤字補填に年間16億円を支出するが、今回の盛岡―新青森間の開業に伴う地元負担1850億円(今後の新函館迄の68.6キロを含めると総額で約2600億円に膨らむ予定{はて?確かこの区間は、経営分離されるのは江差線区間のみだった筈だが?JR東は、北海道新幹線が出来ても、JR北海道が経営するので、津軽線は分離しないと言っていた筈。それに、海峡線は新在共有区間。コレはどういう事だ?})も重くのしかかり、これ以上の在来線支援は難しいという。
並行在来線問題。日本の鉄道網が崩壊しかねないこの問題は、一刻も早く解決せねば成らない一番重要な事柄。主悪の根源は、大幹線で有るにも関わらず、特急でしか収益を上げられなかった、特急依存体質のJR。そして、鉄道の利用者を大幅に減らす原因を作った、高速道路を作らせた政治と、それに乗せられ、ボロ儲けしている自動車産業だ。コイツ等は、並行在来線問題にもっと責任を持つべきだ!!


にほんブログ村 鉄道ブログ 新幹線へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2010/12/21(火) 17:56:10|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大阪~関空にリニア構想。 | ホーム | キハ181系ラストラン。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/277-43b0afd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)