写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恐れていた事態が・・・

東日本大震災。阪神を超え、関東に次ぐ被害を出した大地震。東北、太平洋側の鉄道に甚大な被害を与えた。少しずつだが復旧も進んでいる。だが、恐れていた最悪の事態が、遂に現実味を帯びて来た・・・・・

三陸鉄道、存続の危機…復旧費用100億円


三陸鉄道株式会社(さんりくてつどう)は、岩手県にある第三セクター方式の鉄道会社である。通称三鉄(さんてつ)
国鉄再建法により廃止される事に成った国鉄盛線(盛 - 吉浜)・宮古線(宮古 - 田老)・久慈線(普代 - 久慈)、及び旧日本鉄道建設公団で建設中だった吉浜 - 釜石・田老 - 普代を引き受け、1984年4月1日に特定地方交通線の第三セクター化第一号として開業した。
三陸のリアス式海岸沿いを走り、「さんてつ」の愛称で親しまれている第三セクターの「三陸鉄道」(盛岡市)が存続の危機に立たされている。東日本大震災で高架橋が崩落する等、復旧費用は100億円かかるとの見方もある。会社単独の復旧は困難で、資金の目処がついても全面再開迄1年以上掛かるという。
三陸鉄道は県や沿線自治体等が出資して81年設立。北リアス線(久慈-宮古駅間71キロ)や南リアス線(釜石-盛駅間36キロ)を運行する。09年度は利用客約89万人。県等から1億円以上の経営損失補助金を受け、実質赤字状態だった。震災で、南リアス線は釜石市の唐丹(とうに)-吉浜駅間の高架橋が落下、釜石-平田駅間の大渡川鉄橋は橋脚にひびが入り、線路が寸断された。北リアス線も島越駅等駅舎が壊滅。同線は一部区間で運行を始めたが、南リアス線は損壊が大きく復旧の目処が立っていない。現行の鉄道施設災害復旧費補助制度では、復旧工事費の内国と地元自治体が各25%、鉄道事業者が50%を負担する。三セクは地元自治体が事業者分の負担も迫られる為、岩手県の担当者は「工事費に100億円かかるとの試算もある。国のさらなる支援なしに復旧は不可能」と頭を抱える。国土交通省の担当者も「今回の地震は通常の災害と異なり、被災自治体の負担は計り知れない。鉄道の復旧について国の補助率を拡大したり、違う枠組みによる支援も検討したい」と話している。
もしこのまま復旧出来ず廃止されると、嘗ての高千穂鉄道高千穂線(2005年9月の台風14号による被害が致命傷と成った)と同じ運命を辿る事と成る。又、JRでも、同様の危機に瀕している路線(特に、震災前から土砂崩れで運休している岩泉線等)は多い筈だ。
それだけは絶対に避けて欲しい所だ。


にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
一方、震災の影響が、遂に関西迄現れた。
JR西日本は2日、在来線の山陽線や紀勢線、和歌山線など京阪神を除く一部区間で、運転本数を減らす「間引き運転」を始めた。
東日本大震災で保守用部品の仕入れ先工場が被災し、調達が難しくなったためで、午前10時頃~午後5時頃の時間帯を中心に、運転本数を30~50%削減する。11日からは大阪環状線などの京阪神地区にも対象を広げる。
同社岡山支社によると、山陽線では運行列車が1時間に1本になる時間帯があり、乗車率が100%を超えたという

この災害の影響は、何処迄続くのだろうか・・・・・
関連記事

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/03(日) 22:26:15|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奥羽本線は復活か? | ホーム | 都内の私鉄、今日からほぼ平常運行。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/310-2257c301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。