写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

震災以来初。

東日本大震災の発生後、運休していた路線・列車が、次々と運転を再開した。
復旧が絶望視されていた気仙沼線も、一部区間(小牛田~柳津間)が復旧し、運転を再開した。
真岡鉄道の蒸気機関車も、震災以来、2か月半ぶりの復活と成った。21日午前10時過ぎ、力強く汽笛を響かせて、茨城県の下館駅を出発した。この車両は、原発事故で現在、一部が計画的避難区域と成っている福島県川俣町から20年前に譲り受けた物だそうだ。沿線の自治体に避難している福島県からの被災者は21日と22日、無料で乗車出来るという事らしい
本州と北海道を結ぶ寝台特急も遂に運転が再開された。
東日本大震災発生以降、運行を取りやめていた寝台特急「北斗星」が20日、運転を再開し、震災後の一番列車として、札幌発上野行きが午後5時12分に出発した。JR北海道によると、東北地方の一部では、徐行運転を余儀なくされる為、所要時間は通常よりも長く成るという
21日午前9時33分、寝台特急「カシオペア」(上野―札幌)が、東日本大震災の発生後、初めて札幌駅に到着した。JR北海道は「震災の影響によって東北地方の一部でなお、徐行を余儀なくされる区間がある」として、列車の到着遅れの可能性が有る事に理解を呼び掛けていたが、この日の札幌駅到着は定刻より1分遅れに留まった


にほんブログ村 鉄道ブログへ
関連記事

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/05/21(土) 22:19:38|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「いすみ鉄道」に萌えキャラ。 | ホーム | IC乗車券、遂にひとつに!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/330-ff1a66b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)