写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

京急から歌う電車が消滅!?

京急の名物だった、通称「歌う電車」2100・新1000形(一部)。
京急新1000新1000形Nゲージ。
画像 034
京急2100形Nゲージ。
その歌う電車が、もうすぐ無くなるらしい。
なくなると言っても、車両その物が引退する訳ではなく、車両に搭載されているインバーター機器(通称ドレミファインバーター)が寿命を迎え、機器更新する為、独特の音が聞こえなく成るらしい。


京急2100形ドレミファインバーター。
この独特の音は、ファン以外にも人気が高く、引退を惜しむ声も多数。
実に残念だが、実は、このドレミファインバーター、京急が発祥ではない。京急2100形が登場する約3年も前から、このドレミファインバーターを搭載した車両は走っていたのだ。
常磐線を走るE501系だ。当初は、上野~土浦間で普通列車として走っていたが、現在では水戸周辺のローカル輸送専用に改造され、活躍している。残念ながら、此方の方も既に機器更新が完了している模様。やはり、ドレミファインバーターその物が、既に使用不可能な状態の様だ・・・・・


E501系ドレミファインバーター。京急2100形とは違う音。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
東京と三浦半島を結ぶ京急電鉄沿線で98年から10年以上鳴り響いていた不思議な音が間もなく、聞こえなくなる。発車時に「ファ、ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ……」と音階を刻む通称「歌う電車」の車両改造工事が進み、近く姿を消すからだ。沿線の名物になり、全国的な知名度を誇っていただけに、同社には惜しむ声が数多く寄せられている。【倉岡一樹】
「出発進行!」。運転士の小気味いい声に応じるように音階を刻みながらスピードを上げていくのは、98年に登場した2100形と02年から営業を開始した新1000形の1、2次車の車両。音はいずれもモーターを制御するシーメンス社(ドイツ)製のインバーター装置から発生する。
「実はその音階、元は騒音なんですよ」。そう話すのはシーメンス・ジャパン・レールシステムズの庄司不二雄さん(60)。インバーターの起動音はうなるような機械音だが、シーメンス社がソフトのプログラムを変え、モーターに流れる電流の周波数を段階的に引き上げる独自の技術で音階をつけた。庄司さんは「ノイズを逆手にとった遊び心」と話す

この工夫が話題を呼び、登場直後に沿線住民が注目し、全国の鉄道ファンも駆けつけた。さらにこの“歌”を人気ロックバンド「くるり」が楽曲「赤い電車」で使い、幅広い層が知ることになった。
ただ、寿命には勝てなかった。08年ごろから始まった機器の更新で、より進んだ技術を取り入れたインバーターへの置き換えが始まると、修理時の部品調達に手間取るなど保守面で課題が生じ、日本製のインバーターが採用された。更新された車両は甲高い機械音を放つ。庄司さんは「残念だが、時の流れにはあらがえない」と寂しそうだ。
現在、2100形と新1000形の歌う電車は残り13編成。順次、機器を更新し、数年後には歌わなくなる。京急には利用客から「1編成くらい残したらどうか」「電車に乗るのが楽しかったので残念だ」などの声が寄せられる。同社広報課の岩田幸子さん(29)は「沿線に愛されて幸せだが、安全優先が鉄道の義務なので仕方ない。ただ、もう少しの間は残るので楽しんでいただきたい」と話す


関連記事
間もなく全車両が「歌わなくなる」2100形電車
もう「ドレミファ…」聞けない 消えゆく「歌う電車」 京急の名物車両

おまけ動画。
関連記事

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/11/25(金) 00:00:00|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<リニア中間駅、決着? | ホーム | 誰が担当する事業?>>

コメント

 最近閲覧していなかったとくまなく見ていなかったので、地元路線の話題があった事に驚きました。最期は有料指定席での運行らしいので、乗れないなぁと落胆。

 古い型を地方へ送り届けたばかりだというのに、消えていってしまうのは、どの路線でも物悲しいものです。
  1. 2012/04/08(日) 19:46:32 |
  2. URL |
  3. かなで #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/355-e2e20720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)