写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山崎正夫無罪判決。

福知山の悲劇の諸悪の根源が無罪に成った!!
誰もが納得しないだろう、こんな結果。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
乗客106人が死亡し多数が負傷した兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故(05年4月)で、業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本前社長、山崎正夫被告(68)に対し、神戸地裁は11日、無罪(求刑・禁錮3年)を言い渡した。鉄道事故を巡り、巨大事業者の経営幹部に刑事罰を科せるかが焦点だったが、岡田信(まこと)裁判長は「JR西に多数存在するカーブの中から、現場カーブの脱線転覆の危険性を認識できたとは認められない」と、事故の予見可能性を認めなかった。
一方、岡田裁判長は判決で、JR西の組織としての責務について、「カーブでの転覆リスクの解析や自動列車停止装置(ATS)整備のあり方に問題があり、大規模鉄道事業者として期待される水準に及ばないところがあった」と言及した。
山崎前社長はJR西の安全対策を一任された鉄道本部長在任中の96年6月~98年6月、(1)事故現場カーブを半径600メートルから304メートルに半減させる工事(96年12月)(2)JR函館線のカーブでの貨物列車脱線事故(同)(3)ダイヤ改正に伴う快速列車の増発(97年3月)--により、現場カーブで事故が起きる危険性を認識したにもかかわらず、ATSの設置を指示すべき業務上の注意義務を怠り、事故を起こさせたとして起訴された。
判決はカーブの工事について、「同様のカーブはかなりの数存在している」と指摘。ダイヤ改正も「上り快速のダイヤに大幅な余裕を与えるもので、事故の危険性を高める要因とはならない」と判断した。さらに、函館線脱線事故は「閑散区間の長い下りで貨物列車が加速するに任せて転覆した事故で、本件事故とは様相が異なる」として、危険性認識の根拠とは認められないとした。
また、ATS設置については「当時、義務づける法令はなく、カーブに整備していたのはJR西を含む一部の鉄道事業者のみだった」と述べ、現場カーブで個別に整備すべきだったとの検察側主張を退けた。証人の供述調書については「被告の過失の有無とは関係がないので、信用性の判断は示さない」と述べた。
10年12月に始まった公判は、現場カーブの変更当時に事故を予見できたかどうかを最大の争点に、JR西や同業他社の関係者、鉄道専門家ら30人が証人出廷した。山崎前社長の元部下に当たる当時の社員らはカーブの危険認識を認めた捜査段階の供述を法廷で次々に覆し、「カーブの危険を感じたことはない」などと証言していた。【重石岳史】

 ◇JR尼崎脱線事故
兵庫県尼崎市のJR福知山線塚口-尼崎駅間で05年4月25日午前9時18分、宝塚発同志社前行き快速(7両)が制限速度70キロの右カーブに時速約115キロで進入し、1~5両目が脱線した。乗客106人と運転士(当時23歳)が死亡。負傷者は県警発表で562人、起訴状では493人とされた。当時の国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は07年6月の最終報告書で、運転士のブレーキのかけ遅れが主因と断定。県警は運転士ら10人を書類送検し、神戸地検が09年7月、山崎前社長だけを起訴した。

 ◇刑事責任追及に限界
今回の事故で神戸地裁は安全対策の最高責任者だった経営幹部の刑事責任は問えないと判断した。業務上過失致死傷罪の成立要件である予見可能性について、具体的でなければならないと指摘。従来の司法判断をおおむね踏襲し、刑法で大事故の組織責任を事実上追及することに限界があることを示した。
検察は今回、大勢の乗客を運ぶ鉄道事業者には運転士の速度超過を含めた「あらゆる事態を想定する高度な責務」があり、「いつか起こりうる程度」に事故を予測できれば過失認定できるとの主張を展開した。
これに対し判決はまず、「予見可能性は無前提にその有無が問題になるのではない」と指摘。「カーブ一般の脱線転覆の抽象的危険性に対する認識にとどまらず、事故現場カーブについての具体的な危険性認識を前提として結果回避義務を考えるべきだ」と判断した。そのうえで「検察側主張の予見可能性は危惧感と大差がない」と述べ、結果の重大さにかかわらずこうした解釈を認めなかった。
また、組織上の立場と個人の過失責任について、「鉄道事業者の責務が、被告個人の予見可能性の程度を緩和する理由にはならない」とくぎを刺した。
判決は、個人責任を認定できなかった一方で、JR西の組織としての安全対策に問題があったと指摘した。公判では事故から約8年前の現場カーブ設置時点の危険認識に争点を集約せざるを得ず、運転士がなぜ大幅な速度超過をしたのかという本質的な原因に迫ることもなかった。重大事故の再発防止につながる真相究明のための調査と捜査のあり方について、抜本的な議論が必要だ


潔白を主張し続けた安全対策のエキスパートに11日、言い渡された判決は、無罪だった。JR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本の山崎正夫前社長(68)の判決公判。山崎前社長が有罪になることが事故の再発防止につながると信じて傍聴した遺族らは怒りの表情を浮かべ、やり切れない感情をあらわにした。一方、山崎前社長は主文が読み上げられた瞬間、あふれ出る思いをこらえるように黙って目を閉じた。
これまでの27回の公判すべてで、検察官席の後ろの被害者参加人席から山崎前社長の横顔を注視してきた。次男の昌毅さん=当時(18)=を亡くした上田弘志さん(57)=神戸市北区=は無罪判決に目をむき、悔しそうに顔をゆがめた。判決内容をノートに書きとめようとするが手がうまく動かず、裁判長をうつろな表情で見つめた。
未成年だった息子を看取ってやれなかったことに、今も悔いが残る。事故原因を追及することが親の責任だと被害者参加し、公判を欠かさず傍聴した。いつも昌毅さんの遺影とかばん、時計を持ち、一緒に法廷に入る。この日は「息子と一つになりたい」と、昌毅さんの青いチェックのシャツも身につけた。
初公判直前の平成22年12月、山崎前社長との面会を希望し、2人で話をした。「公判で正直に話すことが罪滅ぼしになる」と話すのを聞き、事故の真実が明らかになると期待した。しかし法廷で目についたのは、山崎前社長があくびをしたり、笑みを浮かべる姿。「まるで他人の裁判を傍聴しているようだ」。真意を述べていると思えたことも、一度もなかった。
結審後の昨年11、12月、若手乗務員の取り組みを知りたいと訴え、JR西の社内研修を見学した。しかし議論される安全対策は、ちぐはぐに思えた。JR西の企業体質が事故当時と変わっていないのならば、同じ過ちが繰り返されるのではないかと不安が募る。せめて有罪になれば、JR西の上層部が責任を実感すると信じることで、心の平静を保ってきた。
閉廷後、うつむき加減で法廷を出た上田さんは「無罪判決では社員の多くが会社には問題はないと思ってしまい、これからの安全対策に期待できない。企業としては問題があるという風に裁判長は話したが、それだけでは変わらない」とつぶやいた。
ただ、これですべてが終わったとは思わない。控訴審や強制起訴された歴代3社長の公判が今後、控えている。
「このままでは息子が何で死んだのか分からない。死ぬまで闘い続ける」
関連記事

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2012/01/13(金) 21:31:17|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<箱根駅伝の名物廃止。 | ホーム | 久留里線・内房線が開業100周年。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/382-01f489aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。