写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京駅舎の復元工事。

東京駅のシンボルといえば、レンガの丸の内駅舎だ。先日、地震で小田急のダイヤが混乱していた日、実は東京駅に行っていた。母親と大丸で買い物をしていたのだ。自分は、付き合っていただけだが、折角なので、東京駅のレンガ駅舎でも見ようと思っていたが、生憎工事中だった。だが、本物の刀や、二階建てバス等、普段は見られない物が沢山見れたので、ある意味貴重な体験だった。
1914年(大正3年)の開業時の姿を復元する為の工事らしい。
その工事が、もうすぐ終わるらしい。南ドーム(南口)周辺の工事パネルがほぼ外され、その姿がドームの南側から見える様に成ったらしい。 見に行くのが少し早過ぎたか・・・
工事終了は、3月下旬頃らしい。生まれ変わったその勇姿を、是非一度見てみては如何?


にほんブログ村 鉄道ブログへ
復元工事が進められている東京駅丸の内駅舎で、南ドーム(南口)周辺の工事パネルがほぼ外され、1914年(大正3年)の開業時の姿がドームの南側から見えるようになった。 3月下旬には外壁や屋根など外側の工事がすべて終了する予定
はとバス乗り場の方から見ると完成したかのように見える東京駅舎
関連記事

テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2012/02/18(土) 22:31:30|
  2. 鉄道時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<300系、ラストランへドレスアップ。 | ホーム | ネットワークゲーム挑戦。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/396-3571f12b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。