写メコンに参加しよう!

鉄道情報局本部 兼、趣味と自己主張の公開日記

各地の支部を束ねる鉄道情報局の本部で、自己主張の公開日記を兼ねている。支部の詳しい場所は内緒・・・

PR             

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

更に続き。

前回に続き、今回は世界の超特急を見てみよう。
時速200キロ以上で走る高速鉄道は、日本が発祥である。
今や日本の鉄道の看板と成った新幹線新幹線は、日本で生まれた、津波と並ぶ世界共通語だ。
今や新幹線は200キロでは遅い位で、300キロ時代に突入した。
そんな新幹線のライバルは、やはりユーラシア大陸を爆走する、ヨーロッパの超特急達だ。
中でも最大のライバルは、フランスを走るTGVだ。他にもドイツ等のICE、スペインのAVE、イギリスの海底トンネルを走るユーロスター、中国や台湾の高速鉄道だ。但し、中国の場合は、世界中の高速鉄道の技術をゴチャ混ぜにし過ぎて、とても使える代物ではなくなっているが・・・営業速度世界一も、現在は中国のものである。
はやぶさの320キロ運転が始まれば、ドイツとフランスに並ぶ。

客を乗せない試験走行での最高記録は、2007年にTGVが出した574.8km/hだ。
日本の最高記録は、1996年に試験車両300Xが出した443km/hだ。
しかし、これは鉄輪式の普通鉄道の場合で、山梨実験線のリニアモーターカー、MLX01が2003年に出した581km/hが、世界の鉄道の最速記録である。これは、上海リニア登場後も、いまだに破られていない。世界一速い鉄道は日本に有るのだ。
世界の超特急達の勇姿をとくとご覧有れ。



今は亡き500系のぞみの300キロ走行

同じく300キロのE5系はやぶさ
スピードは同じ筈なのに、はやぶさの方が速く見えるのは気のせいか?

続いて、新幹線のライバルである、ヨーロッパの超特急達。


TGV

ICE

AVE

ユーロスター

あまりの速さに、どんな車両なのか良く解らない位だ。新幹線がノロマに見えてしまう。

次は、次世代超特急のリニアだ。



今、世界一速い、上海リニア

世界一速い鉄道車両、山梨リニア。

にほんブログ村 鉄道ブログ 新幹線へ
メイン記事
続き


世界の超特急を見たが、実は、もっと速い、鉄道車両が存在する。
っと言っても、鉄道と同じ仕組みの実験装置なのだが、鉄道車両と言っても良いかもしれない。
その名も、ロケットスレッド。人類が生み出した、最速の乗り物だ。
アメリカの空軍基地に有り、16kmのレールが一直線に敷かれており、そのレールを走る。
長い実験の末、時速10330kmというとてつもないスピード記録を叩き出した。乗り物の分野では本体はロケットだがレールを使用しているので鉄道に分類しても良いだろう。 陸上で最速の乗り物だが、生物が安全に乗車出来ない為、ギネス・ワールド・レコーズには登録されていないらしい。


桁外れ、人類が生み出した、スピードの化け物・・・・・
関連記事

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/04/24(火) 23:11:42|
  2. お気に入り動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日の続き。 | ホーム | 今日は記念日。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sexpress.blog60.fc2.com/tb.php/442-a46c8bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。